プレスリリース
No.2077
2019/03/14

2017年度浄水器・整水器市場規模は436億円、前年度比97.1%で減少するも、2018年度は増加に転じる見込み

株式会社矢野経済研究所(代表取締役社長:水越孝)は、国内の浄水器・整水器市場を調査し、市場概況、タイプ別の動向、将来展望を明らかにした。

浄水器・整水器の市場規模推移
浄水器・整水器の市場規模推移

1.市場概況

2017年度の浄水器・整水器市場規模はメーカー出荷金額ベースで、前年度比97.1%の436億円と減少推移であった。


2018年度は前年度比103.9%の453億円と増加に転じると予測する。整水器市場における主要メーカー企業の業績回復が見られ、また、新築住宅市場において浄水器の普及が進んでいることから、市場は好転するものと考える。

2.注目トピック

新築住宅における標準化、水の付加価値に対する関心の高まり

消費者の求める浄水器・整水器の設置目的は、基本的な浄水能力に加え、安心・安全な水道水の利用である。水に対する消費者の関心は依然として高く、また、水を買うというライフスタイルも定着しつつあるなか、住宅における浄水器の設置は新築住宅を中心に標準化しつつある。

また、整水器の活用による生活の質の向上にも注目が集まっており、単に水を浄化するだけでなく、健康や美容への配慮といった観点から、付加価値のある水を利用しようとする消費者も少なくない。

生活用水に対する消費者の高い関心を踏まえ、メーカー各社においても使い勝手のよいデザインや持ち運びのできるタイプなど多様な製品を投入し、市場の安定成長につなげている。

3.将来展望

新築住宅市場における浄水器設置の標準化の動きは今後の成長要因のひとつではあるものの、その余地は限定的なものに留まると考える。今後は新築住宅市場よりも規模の大きい既存住宅ストック市場において、新規ユーザー層を獲得し、どこまで浄水器・整水器の設置を進められるかが課題となるものとみる。

オリジナル情報が掲載された ショートレポート を1,000円でご利用いただけます!

【ショートレポートに掲載されているオリジナル情報】
  • セグメント別情報(市場規模のセグメント別内訳と動向)
  •  蛇口直結型
     蛇口一体型
     ビルトイン型
     据置型
     卓上型
     浄水シャワー
     アルカリイオン整水器
  • 注目トピックの追加情報
  • 将来展望の追加情報

  • 以下の 利用方法を確認する ボタン↓から詳細をご確認ください

    調査要綱

    1.調査期間: 2018年10月~12月
    2.調査対象: 主要浄水器・整水器メーカー、業界関連団体、販売店等
    3.調査方法: 当社専門研究員による直接面談、電話によるヒアリング、ならびに文献調査併用

    <浄水器・整水器とは>

    浄水器とは主に生活用水用の水をろ過する機器をさし、整水器とは浄水器でろ過した水について、その性質を変化させる機器をさす。本調査における浄水器・整水器は主に家庭で利用されるものを対象とし、浄水器のタイプ別では、蛇口直結型浄水器、蛇口一体型浄水器、ビルトイン型浄水器、据置型浄水器、卓上型浄水器、浄水シャワー、アルカリイオン整水器の7種類である。なお市場規模算出については浄水器・整水器本体を対象とし、カートリッジを含まない。

    <市場に含まれる商品・サービス>

    蛇口直結型、蛇口一体型、ビルトイン型、据置型、卓上型の浄水器、浄水シャワー、アルカリイオン整水器・水素水生成器・還元水生成器等

    出典資料について

    資料名
    発刊日
    2018年12月26日
    体裁
    A4判 134頁
    定価
    150,000円(税別)

    お問い合わせ先

    部署
    マーケティング本部 広報チーム
    住所
    〒164-8620 東京都中野区本町2-46-2
    電話番号
    03-5371-6912
    メールアドレス
    press@yano.co.jp
    ©2019 Yano Research Institute Ltd. All Rights Reserved.
      本資料における著作権やその他本資料にかかる一切の権利は、株式会社矢野経済研究所に帰属します。
      報道目的以外での引用・転載については上記広報チームまでお問い合わせください。
      利用目的によっては事前に文章内容を確認させていただく場合がございます。