「自動販売機市場に関する調査を実施(2020年)」に関する矢野経済研究所のマーケットデータをご紹介します。

マーケットレポート
2020年版 自販機ビジネスの現状と将来展望

価格(税込):143,000円(本体価格 130,000円)
「2020年版 自販機ビジネスの現状と将来展望」に関するマーケットデータを詳細にまとめた資料です。
市場動向、企業動向など、詳細なデータ・解説など、事業戦略の強力な武器となる情報が満載の書籍です。

掲載内容

全435ページ
掲載内容
OPEN ▼

第Ⅰ章 自販機ビジネスの全体動向

1.自販機市場の全体動向
  (1) 自販機ビジネスの全体動向
    ・自販機の年間普及台数推移(2014年~2019年)と
     今後の見込・予測(~2022年)
    ・自販機の年間自販金額推移(2014年~2019年)と
     今後の見込・予測(~2022年)
  (2) 飲料自販機の市場動向
  (3) 酒・ビール自販機の市場動向
  (4) 菓子・食品自販機の市場動向
  (5) その他の自販機の市場動向
2.自販機ビジネスに影響を及ぼす諸要因 
  (1) 自販機ビジネスに影響を及ぼす内部要因
    ①プラス要因
    ②マイナス要因
  (2) 自販機ビジネスに影響を及ぼす外部要因
    ①プラス要因
    ②マイナス要因
3.自販機ビジネスに関する注目トピック 
  (1) ネットワーク化を進める自販機の未来
    ①消費者向けサービスの進化
    ②オペレーションの効率化に向けた取り組み
    ・参入企業のネットワーク対応自販機の取り組み状況
    ①中身商品メーカー(飲料、菓子・食品)
    ②オペレーター
    ③自販機メーカー
  (2) 自販機のキャッシュレス化に向けた取り組み
    ・参入企業のキャッシュレス対応自販機の取り組み状況
    ①中身商品メーカー(飲料、菓子・食品)
    ②オペレーター
    ③自販機メーカー
  (3) 社会インフラとして存在感を増す自販機の現状
    ・参入企業の社会貢献型・環境対応型自販機の取り組み状況
    ①中身商品メーカー(飲料、菓子・食品)
    ②オペレーター
    ③自販機メーカー
  (4) コロナ禍における自販機の現状とアフターコロナを見据えた対応
    ・コロナ禍における参入企業の影響と自販機への取り組み
    ①中身商品メーカー(飲料、菓子・食品)
    ②オペレーター
    ③自販機メーカー
  (5) 自販機専用商品の開発動向
    ・中身商品メーカーの自販機専用商品の取り組み
  (6) 自販機を利用した新たな取り組み
  (7) 自販機コンビニの動向と無人店舗の現在地
4.自販機ビジネスの将来展望 
  (1) 市場の課題・問題点
  (2) 自販機ビジネスの今後の展望

第Ⅱ章 自販機ビジネスに関わる飲料・食品市場の動向

1.飲料市場の動向
  (1) 飲料市場の全体動向
    ①2019年度の飲料市場概況
    ②2019年度の主なトピックス
  (2) 飲料市場の販売チャネル別構成比
2.菓子・食品市場の動向 
  (1) アイスクリーム・冷菓市場の全体動向
  (2) スナック菓子市場の全体動向
  (3) チョコレート市場の全体動向
  (4) パン市場の全体動向
  (5) 冷凍食品市場の全体動向
  (6) 即席麺類(カップ麺)市場の全体動向

第Ⅲ章 自販機ビジネスの流通段階別動向

1.自販機ビジネスの全体流通動向
  (1) 流通チャネルの構造把握
  (2) 自販機ビジネスの利益構造、特徴
2.自販機メーカーの動向 
  (1) 自販機メーカーの全体動向
    ・自販機の年間出荷台数推移(2014年~2019年)と
     今後の見込・予測(~2022年)
    ・自販機の年間出荷金額推移(2014年~2019年)と
     今後の見込・予測(~2022年)
  (2) 自販機メーカーの戦略
    ・自販機メーカーの業態別販売動向
    ・自販機メーカーの販売戦略
    ・自販機メーカー価格戦略
    ・自販機メーカー開発動向
  (3) 自販機メーカーの海外展開状況
    ・自販機メーカーの海外展開状況
  (4) 自販機メーカーの今後の展望
3.オペレーターの動向
  (1) 自販機オペレーターの全体動向
  (2) オペレーターの自販機展開台数別シェア(2019年末現在)
    ・専業オペレーター自販機展開台数ランキング(2019年末現在)
  (3) オペレーターの販売戦略
    ①ロケーション動向・戦略
    ・主要オペレーターのロケーション動向・戦略
    ②新規ロケーション開拓動向・開拓方針
    ・主要オペレーターの新規ロケーション開拓動向・開拓方針
    ③ロケーション別商品動向、品揃え戦略
    ・主要オペレーターのロケーション別商品動向、品揃え戦略
    ④自販機販売の活性化に向けた取り組み
    ・主要オペレーターの自販機販売の活性化に向けた取り組み
  (3) オペレーターの今後の展望
    オペレーター一覧
4.中身商品メーカーの動向
  (1) 中身商品メーカーの全体動向
    ①飲料メーカーの自販機販売動向
    ・自販機展開台数別メーカーシェア(2019年末現在)
    ②菓子・食品メーカーの自販機販売動向
  (2) 中身商品メーカーの自販機戦略
    ①飲料メーカーの自販機戦略
    ⅰ.ロケーション動向・戦略
    ・主要飲料メーカーのロケーション動向・戦略
    ⅱ.新規ロケーション開拓動向・開拓方針
    ・主要飲料メーカーの新規ロケーション開拓動向・開拓方針
    ⅲ. ロケーション別商品動向、品揃え戦略
    ・主要飲料メーカーのロケーション別商品動向、品揃え戦略
    ⅳ. 自販機販売の活性化に向けた取り組み
    ・主要飲料メーカーの自販機販売の活性化に向けた取り組み
    ②菓子・食品メーカーの自販機戦略
    ・菓子・食品メーカーのロケーション動向・戦略
    ・菓子・食品メーカーの新規ロケーション開拓動向・開拓方針
    ・菓子・食品メーカーのロケーション別商品動向、品揃え戦略
    ・菓子・食品メーカーの自販機販売の活性化に向けた取り組み
  (3) 中身商品メーカーの今後の展望
    ①飲料メーカーの自販機における今後の展望
    ②菓子・食品メーカーの自販機における今後の展望

第Ⅳ章 商品形態別動向

1.自販機のモデル別動向
  (1) 缶・PETボトル自販機
  (2) カップ式自販機
  (3) 紙パック飲料自販機
  (4) 菓子・食品自販機
2.有力中身商品動向
  (1) コーラ飲料
  (2) その他炭酸飲料
  (3) コーヒー飲料
  (4) 日本茶飲料
  (5) 紅茶飲料
  (6) ミネラルウォーター
  (7) スポーツ・機能性飲料

第Ⅴ章 有力ロケーションの動向

1.有力ロケーションの動向
  (1) 交通チャネル
  (2) 職域チャネル
  (3) 商業施設
    ①ショッピングセンター
    ②アウトレットモール
  (4) 学校
  (5) パチンコホール
  (6) スポーツ関連施設
    ①フィットネスクラブ・スポーツクラブ
    ②テニスクラブ
    ③フットサルコート
    ④クライミングジム
  (7) レジャー施設
    ①テーマパーク・遊園地
    ②アミューズメント施設
    ③ボウリング場
  (8)温浴施設
  (9)都市ホテル
2.ロケーション別構成比
  (1) インドア・アウトドアロケーション別自販機台数構成比
  (2) 設置ロケーション別自販機台数構成比
3.有力ロケーションの今後の展望

第Ⅵ章 有力企業の動向

【自販機メーカー】
  ◆サンデン・リテールシステム(株)
  ◆富士電機(株)
【自販機オペレーター】
  ◆アシード(株)
  ◆(株)アペックス
  ◆大蔵屋商事(株)
  ◆北関東ペプシコーラ販売(株)
  ◆(株)コスモフーズ
  ◆(株)サン・カンパニー
  ◆(株)サンコー
  ◆(株)サン・ベンディング東北
  ◆(株)ジャパンビバレッジホールディングス
  ◆(株)八洋
  ◆(株)ユカ
【中身商品メーカー】
≪飲料メーカー≫
  ◆アサヒ飲料(株)
  ◆(株)伊藤園
  ◆大塚製薬(株)/大塚食品(株)(大塚ウエルネスベンディング(株))
  ◆キリンビバレッジ(株)
  ◆コカ・コーラ ボトラーズジャパンホールディングス(株)
  ◆サントリーフーズ(株)
  ◆ダイドードリンコ(株)
  ◆ポッカサッポロフード&ビバレッジ(株)
  ◆(株)明治
  ◆森永乳業(株)
≪菓子・食品メーカー≫
  ◆江崎グリコ(株)
  ◆(株)コモ
【その他】
  ◆(株)JR東日本ウォータービジネス

ショートレポート
「2020年版 自販機ビジネスの現状と将来展望」の概要版

価格(税込):1,100円(本体価格 1,000円)
「2020年版 自販機ビジネスの現状と将来展望(2020年発刊、税込143,000円」の一部の内容についての概要をまとめたリーズナブルな資料です。 右記マーケットレポートの入門的な情報としてご活用ください。

掲載内容

全5ページ
掲載内容
OPEN ▼
1.市場概要 ※1

2.セグメント別動向
 飲料自販機の動向
 菓子・食品自販機の動向

3.注目トピック
  ネットワーク化を進める自販機の動向 ※1
  新型コロナウイルス感染拡大による自販機への影響


4.将来展望 ※2

掲載図表
  • 自動販売機の普及台数と予測 ※1
  •  ※データ掲載年:2014~2019年実績、2020年見込、2021~2022年予測

※本レポートは、2020年発刊の「2020年版 自販機ビジネスの現状と将来展望」を元に作成しています。

※1…プレスリリースにて無料公開中です
※2…プレスリリースにて一部無料公開中です